バイクの陸送が必要ならばいくるへ!引越しなど急ぎの方におすすめ ガソリンを抜く理由

急ぎの引越しやオークションの売買などで、バイクの陸送をお考えではありませんか?バイクを陸送する際には、バイクの燃料タンクに入っているガソリンを、できるだけ抜く必要があります。

ここでは、ガソリンを抜くことをおすすめする理由と、ガソリンの抜き方や保管方法についてご紹介します。バイクの陸送をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

ガソリンは抜くのがおすすめ!その理由は?

バイクのメーター

引越しやオークションなどの売買でバイクを陸送する場合、バイクの燃料タンクのガソリンをできるだけ抜く必要があります。これは、バイクをキャリアカーやトラックなどに乗せて陸送する際に、万が一バイクからガソリンが漏れて、火災や爆発などの事故が起きないようにするためです。

バイクの燃料タンクのガソリンが満タンだと、危険度が高くなるので、できるだけガソリンを抜くようにしましょう。また、ガソリンが漏れて他の荷物が汚れるのを防ぐ目的の他、ガソリンを抜くことでバイクの重量が軽くなることも、ガソリンを抜くことをおすすめする理由に挙げられます。

急ぎの引越しでもバイクのガソリンは抜こう

急ぎの引越しだからと、バイクのガソリンを抜くのを忘れてはいけません。しかし、バイクの陸送の際にできるだけガソリンを抜くようにといわれても、どのように抜いてよいのか分からないという方も多いかと思います。

こちらではガソリンを抜く方法をご紹介します。

≪ガソリンの扱いに慣れている方は自分で抜いてもOK≫

ガソリンの危険性を知っており、扱いに慣れている方は、自分でガソリンを抜いても問題ありません。燃料コックのあるバイクの場合は、コックをリザーブにすることで、ガソリンを抜くことができます。また、負圧式や燃料コックのないバイクの場合は、ポンプを使用することで、ガソリンを抜くことができます。

≪バイクを購入したディーラーや修理工場に依頼する≫

ガソリンの扱いに慣れていない方には、プロにガソリンを抜いてもらうことをおすすめします。バイクを購入したディーラーや、行きつけの修理工場にバイクを陸送することを伝え、ガソリンを抜いてもらいましょう。バイクの輸送業者でも抜いてくれることがあるので、料金の見積もりを取る際に、詳細を確認しましょう。

抜いたガソリンの保管方法

ガソリン携行缶

自分でバイクから抜いたガソリンは、どのように保管すればよいのでしょうか?

ガソリンは揮発性が非常に高いので、保管する容器選びも重要です。ガソリンを保管する容器には一定の強度が必要なため、ペットボトルや灯油用ポリ容器での保管は禁止されています。そのため、ホームセンターなど販売されている、ガソリンを持ち運ぶためのガソリン携行缶などを購入して保管しましょう。また、ガソリンを入れた容器は直射日光が当たる場所を避け、風通りの良い場所で保管することをおすすめします。

ドアtoドアで大切なバイクを陸送!

引越しでバイクの陸送が必要な方は、ばいくるへ。ばいくるはデポ配送ではく、急ぎの方におすすめのドアtoドアで大切なバイクを陸送しております。お客様は最寄り駅や指定の場所にバイクを移動する必要はなく、自宅で待っているだけでバイクを預けたり受け取ったりできるため手間がかかりません。

料金検索から簡単にお見積もりができますので、料金が気になる場合は、事前にご確認ください。万が一トラブルが発生した場合でも、貨物損害保険の範囲内で補償させていただきます。

バイクの陸送ならばいくるにお任せ下さい

会社名 BIKE TRANSPORT ばいくる
代表 大山 勇市
住所 〒546-0024 大阪府大阪市東住吉区公園南矢田4丁目
営業時間 9:0~19:00
TEL 06-6654-6823
FAX 06-6654-6823
Email info@bikeru1.jp
URL https://bikeru1.jp
事業内容 軽貨物自動車運輸事業