バイク輸送の確認事項 オークションのバイクを輸送!安いと評判のばいくるへ

オークションなどで落札されたバイクを輸送する場合は、料金が安いかどうかだけではなく、いくつかの確認事項をチェックする必要があります。

ここでは、バイクを輸送する前にチェックしたい、確認事項について詳しくご紹介します。オークションへの出品時や、引越しする際の参考にしてみてください。

バイク輸送前の確認事項~料金が安いかだけではなく到着日もチェック!~

進学や転勤などに伴う引越しでバイクを輸送する場合や、オークションで落札されたバイクを輸送する場合は、安い料金のバイク輸送業者を探すことも大切ですが、到着日をチェックしましょう。

≪引越し≫

引越しで他の荷物と一緒にバイクの輸送を依頼しても、荷物と同じ日に届くとは限りません。引越し業者がバイク輸送業者にバイクの輸送のみを依頼することがあるので、同じ日に届くかどうかを確認する必要があります。

≪バイク輸送業者≫

バイク輸送業者に依頼したからと、安心してはいけません。バイク輸送業者の中には、複数台をまとめて輸送したり、出発する曜日や日にちが決まっていたりするので、到着日は必ず確認しましょう。

バイク輸送前の確認事項~現状を写真で撮影する~

輸送前のバイクの現状

バイク輸送時の故障や損壊などのトラブルを避けるためにも、デポに持ち込む場合や、バイクの引き取りや受け取りをする際には、現状を写真で撮影しておきましょう。

≪外装≫

一見目立った傷のないきれいな状態のバイクでも、知らないうちにキズがついていることがあります。角度を変える、もしくは光の反射を利用して見ることで、塗装の剥がれやへこみなどを確認できます。また、フレームにゆがみがないかも、チェックしておきましょう。その他にも、現状ではキズがなくても、輸送中にキズやへこみがつきやすいと考えられる箇所は、重点的に写真撮影をしておきましょう。

≪タイヤ≫

タイヤの現状を写真で撮影しておきましょう。引き取りや受け取り時に、空気漏れやパンクをしていないかの確認も必要です。

≪サスペンション≫

バイクの乗り心地に大きな影響を与えるサスペンションも、オイル漏れがないか、バイクにまたがった際に車体が沈み込みすぎないかをチェックし、写真撮影をしておきましょう。

バイク輸送前の確認事項~ガソリンはできるだけ抜く~

バイクを輸送する際は、バイクのガソリンをできるだけ抜いておくことが大切です。これは、輸送中に万が一バイクが転倒してしまった場合に、燃料タンクからガソリンが漏れることを防ぐためです。ガソリンは揮発性が非常に高いので、静電気などのちょっとした火気に引火し、火災を起こす可能性があります。爆発などの事故を避けるためにも、ガソリンはできるだけ抜いておきましょう。

ガソリンを抜く作業は、不慣れな人にはなかなか難しいので、バイク専門店やガソリンスタンドなどに依頼することをおすすめします。バイク輸送業者が対応してくれる場合もあるので、見積もりや料金などの詳細を問い合わせする際に、ガソリンについても相談しましょう。

バイクの輸送はばいくるにお任せ!オークションの落札バイクをスピーディーに配送

バイクを輸送中のトラック

バイクの輸送業者をお探しなら、安いと評判のばいくるにお任せください。ばいくるの魅力は、ドアtoドアのサービスにあります。大切なバイクをデポに預けるのではなく、ばいくるの配送スタッフが直接ご自宅までお伺いし、バイクの集荷や輸送を行います。

安い料金で、丁寧かつスピーディーにご希望の住所へお届けいたしますので、オークションで落札されたバイクの輸送でしたらばいくるへご連絡ください。

バイクの輸送を依頼するならばいくるへ

会社名 BIKE TRANSPORT ばいくる
代表 大山 勇市
住所 〒546-0024 大阪府大阪市東住吉区公園南矢田4丁目
営業時間 9:0~19:00
TEL 06-6654-6823
FAX 06-6654-6823
Email info@bikeru1.jp
URL https://bikeru1.jp
事業内容 軽貨物自動車運輸事業